『12RPG』レビューと感想!評価は?面白いの?おすすめゲームアプリ!

ダウンロードはこちらから↓
12RPG
12RPG
開発元:shotaro miyazaki
無料
posted withアプリーチ

こんにちは、はくです。今回は、東日本大震災や原発の被害を受けた福島の12市町村を舞台にしたRPG『12RPG』をプレイしてみました。このゲームは、東北大の学生らが開発したという意欲作です。どんなゲームなのか、概要、序盤攻略、魅力と特徴、リセマラ、ガチャ、課金要素、口コミなどを紹介していきます。このゲームは、面白いゲームアプリのおすすめです。最新のゲームアプリを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

『12RPG』は面白いのか?レビュー・感想・評価・攻略・リセマラ・口コミのまとめです!

『12RPG』概要

概要

『12RPG』は、福島の被災した12市町村を題材にしたRPGです。東日本大震災や原発の被害を受けた市町村を舞台に、記憶を失った主人公が浪江町で目を覚まし、福島を開拓していくというストーリーです。東北大の学生らが開発したという意欲作です。

このゲームは、手作り感のあるグラフィックと、熱いメッセージが込められたストーリーが特徴です。開拓では、斧やツルハシなどの道具を使って木や岩を切り倒し、素材を集めていきます。素材は、装備の強化やクラフトに使えます。開拓が進むと、道の駅や漁港などの施設が出現し、物語が展開していきます。また、実在の施設や名物、B級グルメなども登場し、福島の魅力を知ることができます。

このゲームは、基本プレイ無料でダウンロードできます。iPhoneとAndroidに対応しています。iPhone版は、2024年2月29日にリリースされました。Android版は、まだ未定です。

『12RPG』序盤攻略

序盤攻略

『12RPG』の序盤攻略のコツを紹介します。まずは、木を切る斧を作りましょう。木を切ると、木の素材が手に入ります。木の素材は、装備の強化やクラフトに使えます。装備を強化すると、開拓できる範囲が広がります。次に、ツルハシを作りましょう。ツルハシを使うと、岩を砕いて、石の素材が手に入ります。石の素材も、装備の強化やクラフトに使えます。装備を強化すると、さらに開拓できる範囲が広がります。

開拓では、体力が消費されます。体力がなくなると、動けなくなります。体力を回復するには、藍色の花を食べましょう。藍色の花は、開拓中に見つかることがあります。また、ミッションをクリアすると、体力が増えることがあります。ミッションは、画面左上の矢印と吹き出しで表示されます。ミッションをこなすと、物語が進んだり、新しい装備が作れるようになったりします。

開拓を進めると、新しいエリアに行けるようになります。新しいエリアに行くと、主人公の記憶が少しずつ戻ってきます。主人公の正体や過去について、気になる展開が待っています。

『12RPG』魅力と特徴

魅力と特徴

『12RPG』の魅力と特徴を紹介します。このゲームは、被災地の復興をテーマにしたRPGです。開発者は、避難先からでも手軽にこの地域と関われるツールを作ると同時に、この地域の活性化を促すという目的で作りました。このゲームを通して、被災地の現状や魅力を知ることができます。

このゲームは、手作り感のあるグラフィックが特徴です。イラストは、手書き風のドット絵で描かれています。キャラクターや背景には、細かい表情や動きがあります。音楽も、オリジナルの曲が多数用意されています。ゲームの雰囲気に合った、メロディアスで心地よい音楽が流れます。

このゲームは、開拓とストーリーが楽しめるRPGです。開拓では、斧やツルハシなどの道具を使って素材を集めていきます。素材は、装備の強化やクラフトに使えます。装備を強化すると、開拓できる範囲が広がります。開拓が進むと、道の駅や漁港などの施設が出現し、物語が展開していきます。ストーリーでは、記憶を失った主人公が、自分の正体や過去を探っていきます。被災地の人々との交流や、実在の施設や名物の紹介などもあります。

『12RPG』リセマラ

リセマラ
『12RPG』には、リセマラという概念はありません。このゲームは、開拓とストーリーがメインのRPGです。ガチャや課金要素はありません。ゲームの進行に必要なアイテムは、開拓やミッションで手に入ります。また、ゲームの難易度は、万人が遊べるように設定されています。リセマラをする必要はありません。

『12RPG』ガチャ

ガチャ
『12RPG』には、ガチャという概念はありません。このゲームは、開拓とストーリーがメインのRPGです。ガチャや課金要素はありません。ゲームの進行に必要なアイテムは、開拓やミッションで手に入ります。ゲームの進行に必要なアイテムは、開拓やミッションで手に入りますが、それだけではなく、ゲーム内で実在する施設や名物、B級グルメなどもアイテムとして登場します。これらのアイテムは、主人公の記憶を呼び覚ますヒントになったり、ゲームの雰囲気を盛り上げたりします。例えば、浪江町の道の駅で手に入る「なみえ焼そば」は、福島県のご当地グルメで、麺にソースを絡めて焼いたものです。このアイテムを使うと、主人公はかつて食べたことがあることを思い出します。また、大熊町の大堀相馬焼の窯元で手に入る「大堀相馬焼」は、江戸時代から続く伝統的な陶芸で、色鮮やかな絵付けが特徴です。このアイテムを使うと、主人公は自分が大堀相馬焼の作家だったことを思い出します。このように、ゲーム内のアイテムは、福島の魅力を伝えるとともに、主人公の過去に関する謎を解く手がかりになります。ゲームを進めると、主人公の正体や目的が明らかになっていきます。果たして、主人公はなぜ記憶を失ったのでしょうか?そして、福島の開拓にはどんな意味があるのでしょうか?興味深いストーリーが展開されます。

『12RPG』課金要素

課金要素
『12RPG』には、課金要素という概念はありません。このゲームは、開拓とストーリーがメインのRPGです。ガチャや課金要素はありません。ゲームの進行に必要なアイテムは、開拓やミッションで手に入ります。また、ゲームの難易度は、万人が遊べるように設定されています。課金をする必要はありません。

『12RPG』口コミ

haku

『12RPG』の口コミを紹介します。このゲームは、被災地の復興をテーマにしたRPGです。開発者は、避難先からでも手軽にこの地域と関われるツールを作ると同時に、この地域の活性化を促すという目的で作りました。このゲームを通して、被災地の現状や魅力を知ることができます。このゲームは、面白いゲームアプリのおすすめです。最新のゲームアプリを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

  • Aさん:このゲームは、被災地の復興を応援する気持ちになります。開拓とストーリーが楽しいです。グラフィックと音楽も素敵です。福島の魅力を知ることができます。このゲームは、感動的で面白いです。評価は、5つ星です。
  • Bさん:このゲームは、被災地の現状を知ることができます。開発者の思いが伝わってきます。開拓とストーリーがバランスよく進みます。福島の施設や名物が紹介されています。このゲームは、教育的でおすすめです。評価は、4つ星です。
  • Cさん:このゲームは、被災地の復興に関心がある方におすすめです。開拓とストーリーが面白いです。グラフィックと音楽は、手作り感があります。福島の魅力を感じることができます。このゲームは、意義深くて良いです。評価は、4つ星です。

以上、『12RPG』スマホゲームのブログ記事を書いてみました。このゲームは、被災地の復興をテーマにしたRPGです。開発者は、避難先からでも手軽にこの地域と関われるツールを作ると同時に、この地域の活性化を促すという目的で作りました。このゲームを通して、被災地の現状や魅力を知ることができます。このゲームは、面白いゲームアプリのおすすめです。最新のゲームアプリを探している方は、ぜひチェックしてみてください。はくでした。